ブランド

  • 0 Comments
ログインして編集する

以下はRiot公式情報となります

ブランド : 復讐の炎

Role attack defense magic difficulty
ブランド Mage 2 2 9 4

ステータス

armor armorperlevel attackdamage attackdamageperlevel attackrange
21.88 3.5 57.04 3.0 550.0
attackspeedoffset attackspeedperlevel crit critperlevel hp
0.0 1.36 0.0 0.0 507.68
hpperlevel hpregen hpregenperlevel movespeed mp
76.0 5.42 0.55 340.0 375.6
mpperlevel mpregen mpregenperlevel spellblock spellblockperlevel
42.0 8.005 0.6 30.0 0.0

パッシブスペル : 炎上

炎上

スキルで攻撃するたびに対象が炎上し、相手の最大体力の2%に相当する魔法ダメージを4秒かけて与える。この効果は3回までスタックする。最大スタックが付与されたチャンピオンとモンスターは臨界点に達し、2秒後に周囲の敵に大ダメージを与える。

スペル

焦炎

コスト 射程
BrandQ.png 50 1050

指定方向に火の玉を放ち、最初に触れた敵ユニットに魔法ダメージを与える。炎上中の対象は、このスキルが命中すると1.5秒間スタン状態になる。

指定方向に火の玉を放ち、最初に命中した敵ユニットに80/110/140/170/200(+55.00000000000001% 魔力)の魔法ダメージを与える。

炎上効果: 炎上中の対象に命中すると、1.5秒間スタンさせる。

烈火の柱

コスト 射程
BrandW.png 60/70/80/90/100 900

発動から一瞬遅れて指定地点に火柱を発生させ、範囲内の敵ユニットに魔法ダメージを与える。炎上中の対象は、火柱から受けるダメージが25%増加する。

発動から一瞬遅れて指定地点に火柱を発生させ、範囲内の敵ユニットに75/120/165/210/255(+60.0% 魔力)の魔法ダメージを与える。

炎上効果: 炎上中の対象には、与えるダメージが25%増加する。

焼灼

コスト 射程
BrandE.png 70/75/80/85/90 625

強力な爆風で対象を攻撃し、魔法ダメージを与える。炎上中の対象に爆風が命中すると火の粉がはじけ飛んで、周囲にいる敵にも「焼灼」のダメージを与える。

指定した対象を強力な爆風で攻撃し、70/90/110/130/150(+35.0% 魔力)の魔法ダメージを与える。

炎上効果: 炎上中の対象に命中すると、周囲の敵にも同様のダメージを与える。

業火

コスト 射程
BrandR.png 100 750

指定した対象に最大5回まで跳ね返る強力な火炎弾を放ち、1回跳ね返るごとに魔法ダメージを与える。この跳ね返りは、優先的に敵チャンピオンの「炎上」スタックを最大にしようとする。炎上中の対象に命中すると、短い間その対象にスロウを与える。

指定した対象に最大5回まで跳ね返る強力な火炎弾を放ち、1回跳ね返るごとに100/200/300(+25.0% 魔力)の魔法ダメージを与える。この跳ね返りは、優先的に敵チャンピオンの「炎上」スタックを最大にしようとする。

炎上効果: 炎上中の対象に命中すると、短時間その対象に30/45/60%のスロウを与える。

ブランドを使うヒント

  • ミニオンを炎上させれば「焼灼」を警戒した敵チャンピオンがミニオンの群れから離れてくれる。
  • ブランドのスキルは、状況に応じてさまざまな組み合わせが可能だ。その場に合ったコンボで効果的にダメージを与えよう。
  • 「業火」で放たれる火炎弾は、最初に放った対象が炎上中でない場合、ランダムに跳ね返る。同じ対象に何度も命中させたいなら、少人数の集団を狙おう。

ブランドと戦うヒント

  • ブランドは、コンボ攻撃のために敵を炎上させなければならない。「焦炎」や「烈火の柱」をよけることで大きくリズムを崩せる。
  • ブランドが「業火」を発動させたら、跳ね返ってダメージをくらわないように味方から離れよう。発射直後の「業火」は速度が遅いため、気をつけていれば逃げられる。
  • ブランドの固有スキルは、固まった敵チームに最も高い効果を発揮する。ブランドと戦うときはお互いに離れて戦おう!

ブランドの物語

ロクファールと呼ばれる辺境の地に、キーガン・ローデという名の海賊がいた。彼は一族の伝統にのっとり、仲間と徒党を組んで世界各地を航海しては、たまたま目についた不幸な者たちから金品を奪うことを生業としていた。一部からは怪物と恐れられながらも、実体を知る者にとっては一介の人間に過ぎない男だった。ある夜、北の果てに近い海を航海中だったキーガン一味は、凍土の荒野に踊る、いくつもの奇妙な光を目にした。彼らはどういうわけかすっかり魅せられてしまい、火におびき寄せられる蛾のようにその光を追った。凍てついた荒野を進んだ一行は、やがて古代のルーン文字がびっしりと刻まれた洞窟にたどりつく。文字の意味は誰にも解読できなかったが、キーガンを先頭に、彼らは洞窟の中へと足を踏み入れていく。そこにあったのは、氷の檻にしっかりと守られ、踊るように浮かぶ火柱だった。なぜこんなものが、なぜこんな場所に――? それはまさに、あり得ない光景だった。しかし、火柱の動きはセイレーンの歌のように蠱惑的で、船乗りたちの心を魅了した。遠巻きにする仲間たちをよそに、キーガンは抑えきれない衝動に突き動かされ、手を伸ばして炎に近づいていった――

それが、キーガン・ローデの最後の記憶である。なぜなら、彼の肉体はもはやブランドのものとなったからだ。ブランドは古代より存在しつづける生命体で、ルーン戦争の戦死者であるとも言われている。古文書には「復讐の炎」の名で記録があり、人とヨードルの地を破壊するためだけに生まれた、燃え盛る憎悪の結晶とも呼ぶべき存在である。ブランドが北の果てからヴァロランの地にたどり着いた経緯は分かっていないが、彼はすぐさま破壊を開始した。やがてデマーシア軍に捕らわれたブランドは、リーグ・オブ・レジェンドのチャンピオンとして戦うか、処刑されるかの選択を迫られる。当然、彼が選んだのは、自らの破壊力をリーグで生かす道であった。少なくとも、当面の間は……

「この地は炎に包まれるだろう。舞い上がった火の粉でも風でもなく、我が復讐によって」
-- ブランド

スキン

default

Brand_skin_0

世紀末ブランド

Brand_skin_1

アウトローブランド

Brand_skin_2

冷凍炉心ブランド

Brand_skin_3

ゾンビブランド

Brand_skin_4

蒼炎の精霊ブランド

Brand_skin_5

始めに

用語集

マスタリー

チャンピオン

アイテム