初心者におすすめなchampion support編

  • poro
  • 0 Comments
  • 初心者
  • support
  • アリスター

hello summoner.
今回はタイトルの通り初心者におすすめなsupport roleのchampionを紹介します。
ただ、奥の深いゲームであるLOLでは全員におすすめできるchampionはなかなか存在しません。
なので、今回は

  • ・Supportを通じてLOLというゲームを理解していきたい方、またはSupportをmain roleとしていきたい方向けのchampion
    -簡単なSupport championではないが、経験を積むのに適しているchampionを紹介します。

  • ・とりあえずSupportが出来るようになりたい!そんな方向けのchampion
    -簡単なSupport champion、使いやすいSupport championを紹介します。

  • ・Supportでもダメージを出したい!そんな方向けのchampion
    -守るだけがSupportではなく、Support roleでも現在はダメージを出すchampionが流行っていたりします。
    最低限のCCを持ちつつ、ダメージも出せる。そんなchampionを紹介します。

こちらの3パターンのプレイヤーにおすすめなchampion達を紹介しようと思います。

※この記事はver6.24時点の記事になります。アップデート等で内容が変わる可能性があります。

まずは、
* ・Supportを通じてLOLというゲームを理解していきたい方、またはSupportをmain roleとしていきたい方向けのchampion
を紹介致します。

アリスター

こちらのchampionは以下の3つの理由からおすすめに選びました。

  • CCが豊富である

CCを3つも持っているアリスターは非常にSupport向けのchampionです。
攻めにも守りにも使えるスキルが豊富なアリスターはチームにとって非常に頼れる存在となるでしょう。

  • CCの重要性を知ることが出来る

アリスターのスキルは強力なため、スキルレベルを5にしてもQが13秒、Wが10秒、Eが14秒、Rが80秒とクールダウンが長いものが多いです。
そのため、早めにCCを打ち切ってしまうと何もできない時間が増えてしまい、味方を守ることが出来なくなります。
このchampionを使っていくことで、効果的なスキルの使い方、効果的なCCの与え方を学ぶことが出来ます。

  • tank supportである

死んで覚えるゲームと言われるくらいLOLは覚えゲーである部分があります。
であるのに、すぐ死んでしまっては死んだ理由がわからない場合が多いです。
tank supportであればすぐ死ぬことはあまりないので、理由を探しやすいと思います。
もちろん、tankであるということはチームの構成がよくなることも大きな理由となります。

このchampionの強みは豊富なCCとRによる非常に高いTank/Peel性能、WQコンボからのRによるイニシエート性能です。
また、passiveと全championの中でも非常に高いHPregでレーンの維持能力の高さも光ります。
逆に、遠距離攻撃が一切ないこと、MANAが少ないためスキルの使い所を選ばなければすぐ枯渇してしまうこと、スキルのクールダウンが長いことが弱点となります。

アリスターのスキル等の説明

  • passive skill 戦士の咆哮 Passive: 敵ChampionにKnockupかKnockbackかStunを与える毎か周囲の敵ユニットが倒される毎に1スタック増加し(最大7スタック)、7スタック時に全スタックを消費し、自身と最も近い味方ChampionのHPを回復する。味方Championの回復HPは200%に上昇する。周囲の敵Champion又はEpic Monsterが死んだ場合即座に発動する。 回復HP: 13 + (Lv × 7) CD: 3s

発動タイミングは選べないが、7ストック時にヒールを行うことが出来るpassive skill。
1wave+αで発動するため、高いHPregも伴って少々のハラスであれば気にならなくなるほどに序盤からHPを高めに維持することができます。

  • Q 圧砕 Active: 周囲の敵ユニットに魔法DMとKnockup(1s)を与える。 魔法DM: 60/105/150/195/240 (+0.5AP) Cost: 65/70/75/80/85MN CD: 17/16/15/14/13s Range: 365

強力な範囲CC。使用すると地面を叩きつけ、周囲のchampionを打ち上げることが出来る。
このスキルからEを使うことでストックを確実に2つためることもできる。
味方ADCを狙いに来たchampionを打ち上げて守ったり、Flash>Q>Wで敵をこちら側に強引にもってきたりと色んな使い方が考えられるスキル。
複数人に当てることが好ましいが、もちろん敵もこのスキルを非常に警戒するため複数に当てることを考えすぎて空打ちしないように気をつけよう。
Wと一緒に使うことで↓の動画のように、離れた敵を打ち上げることもできる。
アリスターWQコンボ
見た目は難しく見えるが、WQを(ほぼ)同時押しするだけで100%成功するので、自信のない方はカスタムゲームで練習してみると良い。
アリスターを使う上ではWQコンボは必須スキルとなるので、練習しておきたい。

  • W 頭突き Active: 対象の敵ユニットに突撃し魔法DMとKnockbackとStun(1s)を与える。 魔法DM: 55/110/165/220/275 (+0.7AP) 突撃速度: 1200 Cost: 65/70/75/80/85MN CD: 14/13/12/11/10s Range: 650

対象を指定し、頭突きで相手を吹っ飛ばすスキル。
EやQで敵が止まっている時に裏周ってこのスキルを使い、味方側に吹っ飛ばしたり、敵のチャネリングスキルを強制終了させたりとQと同じく色んな使い方ができるが、スキルの特性上逃げている敵にW単体で使ってしまうと敵の逃亡をアシストしてしまう可能性があるため、今使用するとどこに吹っ飛ばすことになるのか常に考えて使用すること。
KnockbackとStunがあるため、壁に向かって敵を吹っ飛ばすことで非常に長い間敵を拘束することが出来る。

  • E 踏破 Active: 5秒間周囲の敵ユニットに0.5秒毎に魔法DMを与え、ユニットをすり抜けるようになる。このスキルで敵ChampionにDMを与える毎に1スタック増加し(最大5スタック)、5スタック時に敵ChampionにAAを行うと全スタック消費して対象に追加魔法DMとStun(1s)を与える。 魔法DM(1Hit毎): 10/12.5/15/17.5/20 (+0.04AP) 追加魔法DM: 40 + (Lv × 10) Cost: 50/60/70/80/90MN CD: 16/15.5/15/14.5/14s Range: 350

ストックをためることでAAにStunを付与できるスキル。
(W)Qの後にこのスキルを使用することで、非常に長い間敵を拘束することができる。

  • R 不屈の意志 Active: 自身に掛かっている全てのCCを解除し、その後自身が受ける物理・魔法DMが低減(7s)される。 低減DM率: 50/60/70% Cost: 100MN CD: 120/100/80s

被ダメージ割合カットし、さらに受けている全CC解除する非常に極力なTank skill。
このスキルにより、イニシエートやTower diveが容易なものとなる。
被ダメージ割合カットはTrue damageには適応されないので注意しよう。

サモナースペル、マスタリーの選択について

サモナースペルはフラッシュとイグゾーストを持っていれば間違いありません。
プレイスタイルや、相方のADCにより、イグゾーストをイグナイトにかえてもいいでしょう。
マスタリーは0/12/18がベターです。
キーストーンは巨人の勇気を選択しましょう。

ビルド、相性のいいアイテムについて

Tank supportなので、基本的には防具を中心にアイテムを購入し出来る限り硬さを求めます。

  • モビリティブーツ
    Meleeの中でも比較的MSの遅いアリスターは、警戒されていることもあり、その強力なWQコンボのレンジに入ることが難しい場合があります。
    なので戦闘をしていない状態では最もMSの高いモビリティブーツを購入します。
    WQコンボを決めた後はMSが25しか増加しないのでMSの遅さがやはり目立ってしまいますが、まずWQコンボを決めないとお話にならないこと、決めた後もEで拘束できることからあまり問題にはならないと思います。
    気になる場合はスイフトネスブーツの方でもいいと思います。

  • フェイス・オブ・マウンテン
    おなじみのTank support Gold Income item。
    不屈の意志により、ダメージを割合カットできるアリスターは、HPだけでもTankとして非常に素晴らしい活躍を見せることができます。
    また、とっさにシールドをかけることもでき、アリスターにとってGold Income itemはこれ一択と言っても過言ではありません。

  • ルビーサイトストーン
    アイテムのActiveのCDが20%減少する効果を持ったサイトストーン
    ソラリのロケット、ライチャスグローリーを購入した場合、靴以外の全てのビルドアイテムはActive skillをもっているため、非常に相性のいいアイテムとなります。
    HPも500と高いのも魅力的です。

  • リデンプション
    強力なUNIQUE Passive、Active skillそして400HPとCDR10%+75% Base Health Regen、+75% Base Mana Regenと2100Goldで買えてしまっていいのか!?と思ってしまう程強力なSupport item。
    即時ではなく、2.5秒後に効果が発動するので、2.5秒後どこに敵味方が居るかある程度予測する必要がある。
    出来る限り多くの敵味方に当てたいが、無理はせず味方の位置だけを考えて使おう。

  • ソラリのロケットor 育っている敵に対応する防具
    足りないAR、MRを補うことが出来、なおかつ自身と周囲の味方Championに35 + [Lv × 35]のDMを防ぐシールド付与できるアイテム。
    最大665ものDMを防ぐシールドを付与でき、その効果は半端なものではないが、対象が一定時間内に別のソラリのロケットによるシールド効果を受けていた場合、効果が半減してしまう。
    そのため、買う前に味方のビルドを確認し、誰かがソラリのロケットを買っている場合は育っている敵に対応する防具を購入しよう。

  • ライチャスグローリーor 育っている敵に対応する防具
    イニシエートや追撃時にお世話になるアイテム。
    追撃性能に困ってなかったり、イニシエート役が他に居る場合は育っている敵に対応する防具を購入しよう。

これが完成形になると思います。
育っている敵に対応する防具については、敵ADchampionが強い場合はソーンメイル、フローズンハート、ランデュイン・オーメン、デッドマンプレートのどれかを。
敵APchampionが強い場合はバンシーヴェール、スピリットビサージュのどちらか、または両方を買うことになると思います。

レーニングフェイズ

スキルオーダーは R>Q>W>E
1lv時はQではなく、Wを取っておくのも選択肢の一つになります。
敵に2lv先行された場合に、Wで敵を吹っ飛ばすことにより、簡単にdisengageすることができます。

レーン序盤はとにかく耐えることと、Gankを待つことが重要となります。
2lv先行した場合はWQコンボを決めて一気にレーンの主導権を握ることも可能ですが、基本的に高いHPregとpassive skillでチャンスをじっと待つことになります。
攻めるチャンスが来ても、WQコンボを決めるときは味方ADCとの距離に注意!
せっかく敵を打ち上げても味方との距離が離れていると、追撃してもらえないor追撃が甘くなりダメージトレードに負けることになりかねません。
アリスターの真価は集団戦にあるので、レーンでは負けないことを意識しよう。

レーニングフェイズでの相性あれこれ

各敵Supportとの戦い方を簡単に説明します。
参考になれば幸いです。

6lv以降はこちらから攻めてしまうとADCがアニーのフルコンボをもらってしまうため、簡単にWを使ってはいけない。
また、立ち位置にも気をつけること。
味方ADCの近くに居ればそれはアニーのRまたはWで2人ともスタンしてしまう可能性がある。
絶対に2人ともスタンする状況だけは避け、味方ADCがスタンさせられてしまったらWでアニーもしくは敵ADCを吹き飛ばそう。
敵のスキルの特性上、スタンがかけにくい低レベル時にEngageし主導権を握るか、じっと耐えてGankを待つことになります。

アリスターが苦手とするヒール持ちのRangedであるが、Qのスタンに気をつけることができればpassiveのヒールで余裕で耐えることが出来ます。
また、特殊なULTスキルを持っているが、こちらは豊富なCCスキルを持っているため焦らず対処すれば問題ありません。
Gankに気をつけて、集団戦で力の差を見せつけよう。

どうぞロケットグラブを当ててください。と言わんばかりのポジショニングをしても許されてしまう。
なぜなら、ブリッツがQを使ったが最後、Wを温存して敵の懐に入れたアリスターが暴れて楽々とADCのキルを奪えるからである。
もちろん終盤強いのもアリスターであるため、こちらから手を出さなければブリッツは退屈なレーン戦を過ごすこと同時に、ゆっくりと負けに向かうことになるだろう。

戦いの前に余計なダメージを貰わないようにすることしかできない。
6lvからは立ち位置に気をつけること。
各種スキルからのpassive、ULTの跳ね返り等、油断するとごっそりHPを削られてしまう。
低レベル時は攻めることも可能だが、できる限りブランドがWまたはEがない時に攻めたい。
3つスキルをもらうだけでpassiveも含め400-500ダメージは覚悟しなければならないため、全てスキルがある時に攻めるとほぼ100%ダメージトレードで負けてしまう。スキルの有無はしっかりと把握しよう。

QによるHarassが痛いが、ブラウムは決してMANA周りが優秀なキャラではない。
こちらはノーコストでヒールが打てるため、持久戦になることが多いこのマッチアップではアリスターに軍配があがる。
近づかないとどうしようもないブラウムにとって、お手軽にDisEngageが出来るアリスターのWも非常に厄介な存在となることでしょう。

  • ジャンナ 五分
    お互いスキルを使ったら負けというマッチアップとなる。
    ジャンナがQを使ったらチャンスだが、まだEがあるため、しっかりと味方ADCとの距離を見て追撃可能かどうか確認すること。
    タワーの近くはジャンナのULTに気をつけること。

  • カルマ 不利

特定スキルの強化を行うという特殊なULTを持ったSupport。
最初からULTを使うことが可能なため、低レベル帯から主導権を握られがち。
攻めてもシールド、自己ヒール持ちであるため耐えられるどころか悪い結果になりかねない。
6lvまでおとなしくするのが吉かもしれない。

レオナがEで入ってきても焦らず相手のADCをWで吹っ飛ばし、レオナをQで打ち上げるだけで有利トレードが可能となる。
こちらが攻めると不利になることがあるので、スキルを温存することが一番レオナにとっては辛いこととなる。
ULTを覚えても結局は近づかないとレオナはどうにもできないため、同じ対応をするだけで勝ててしまう程有利なマッチアップとなる。

ブランドとは別の意味で不利なマッチアップとなる。
レオナ戦でこちらが対応で圧倒するように、ルルはアリスターの全ての行動に容易に対応することができる。
WQコンボで仕掛けてもルルはW一つで返すことが出来、シールドもあるのでダメージトレードは基本的に不利なものとなる。
ダメージは低いものの、永遠とHarassを受けることとなるので、少々厳しいレーン戦となるだろう。

ラックスのQの精度にも依るが、基本的に不利。
射程、有効範囲の広いEでHarassをされ、徐々にHPを減らされ厳しい展開に陥りがちである。
対応策としてはHPPOTをたくさん買って行くことで、MANA切れを待つ。
minionの近くに居ることで、Eの有効範囲を逆手にとりminionをpushさせることによりGankを刺さりやすくする等である。
または、スキルオーダーはR>E>Q>Wであることが多いため、Qを一度使用すると15秒と非常に長いクールダウンが発生するため、Qを落とすことがあればそのタイミングでEngageすることである。
そうすることで対応手段がEのスローしかなくなるため、かなり優位に立つことが出来るだろう。

CCと魔法ダメージを防ぐブラックシールドが厄介。
WQコンボに反応されることは少ないが、その後のEは確実に防がれる。
さらにモルガナのWでのハラス、Qのスネアもあり、有利に戦うことは難しい。
幸いEのCDは23-15秒、Qの11秒と再使用には時間がかかるため敵のスキル使用を見てから攻め込みたい。
6LVからはKILLまでに時間をとりすぎてしまうと、Rにより大ダメージとスタンをもらってしまう。
そのため、6LVからは2対2で戦うのは危険となるのでGankを待とう。

ナミのQの精度にも依るが、基本的に不利。
Wによるダメージ/ヒール、Qによるカウンタープレイと待つタイプのナミであれば中々に辛い。
ただ、Qを使って攻めてくるタイプのナミであれば、Qが当たっても外れてもそのタイミングで攻めることが出来れば有利がとれる場合が多い。
6LVからはR>Qでほぼ確実にSuspensionが決まってしまうので、敵のHPとMANA、できればスキルのCDも把握して戦いに臨みたい。

レオナと同じ対処をすれば問題ないが、レオナの場合はレオナが味方ADCに張り付く形になるが、ノーチラスの場合相手を引き寄せつつ、自分も接近する。
そのためアリスターの位置から敵ADCを吹き飛ばしに行くのは難しい場合がある。
味方ADCが甘い位置に居た場合、可能であればノーチラスのQとの射線に入る、または寄るだけでも効果的である。
ここまでやって五分であるが、シールドもあるため得られるものは少ない。
6LVからはRによりADCがQをもらってしまうと非常にまずい展開となる。
ノーチラスと味方ADCの立ち位置に気をつけて、しっかりと対処したい。

Q>AAの非常にお手軽低CD高火力コンボを持つ上、ヒール持ち。
だが、CCがパワーコードE展開中のAAしか6LV前にはないので、怖がらず攻めることでどうにかなる。
また、WのMANAが重いため、Wを使わせることでMANA切れを誘うことも出来る。
睨みあっていると不利にしかならないので、ガンガン攻めよう。

味方のバーストが高くない場合、ADCを狙うのではなくソラカを狙う方がよい。
ソラカのヒールは8-2秒と非常に短く、戦いが長引けば長引くほどソラカ側に有利となる。
コストにソラカ自身のHP10%が必要とはいえ、もし敵ADCを逃がしてしまった場合数十秒も経過すれば全回復してしまう。
もし、ソラカが狙えないほど遠くに居る場合は戦うのをやめ、大人しくしていよう。
攻める能力は薄いため、passiveで十分耐えることが出来る。

こちらから攻めなければ不利はつかない。
敵からの攻め手もADCがQを貰った時のみなので、Qから近づいてきたところを、こちらがWで吹っ飛ばすだけで対処可能。
6lv以降はRに気をつけること。
リコール後、jungleやmidと一緒に現れることは少なくない。

こちらから攻めればADCが、タリックが攻めるとアリスターがフリーになり、MANAとヒールがpassiveな分有利となる。
6lv以降は無敵による無茶に見えるタワーダイブをjungleと行ってくる場合があるため、視界管理をきちんとしたい。

ALLINはせず、QとEを使ったプレイでHPを削られると厳しい。
また、スレッシュをフリーにするとWQコンボで敵ADCを打ち上げてもCCの切れ間にWで回収されてしまう。
2:2では不利な要素が多いため、Gankを要請し、スレッシュをfocusしよう。

非常に高範囲のHarassを低CDでSpamしてくるため、非常に辛い。
CCが6lvまではEしかないので攻めたいが、種の数と位置に注意。
アリスターにはあまり脅威でなくても、ADCにとっては1発1発が重いダメージとなる。
攻める場合は周りに種が少なく、出来ればEかQを使った後にしたい。
6lv以降はDisEngage能力と火力が格段に上昇するため、Rを持っている場合有利に戦うことは難しい。

集団戦の動きについて

イニシエート役、peel役が担当となる。
どちらの場合でも言えることだが、できる限りWQコンボでスキルを2つ使用するよりはWとQで分けて使用したい。
押し切れる場合は問題ないが、WとQを使用してしまうと即時で効果のあるCCがなくなってしまう。
さらにはCDも長いため、何もできない時間が増えてしまう。
イニシエート役が求められている場合は仕方ないこともあるが、できる限りライチャスグローリーからのスロー>Q等でイニシエートをしたい。
また、その場合には味方の位置にも気をつけよう。
レーン戦と同じであるが、折角打ち上げても追撃が入らなければ意味がない。
ちゃんと見方が追撃可能か見極めて打ち上げよう。

peel役担当の場合は、攻め込んでくる敵の人数と味方の火力と敵の硬さとブリンクの有無を考えてスキルを打つ必要がある。
Qをすぐ使用してしまうと、対応が難しくなる場合が多いので、できる限りWやEとアイテムのactive skillで対応し、どうしようもない時にQを使おう。

次回は
・とりあえずSupportが出来るようになりたい!そんな方向けのchampion
の紹介をさせて頂こうと思います。

関連のある記事

User Info

Thumb 60e9a77e e3b1 4016 a575 da37352a5a7e
  • poro
  • 記事数: 1

Recent Post

Article Tags

  • ノーチラス
  • Champion
  • ProjectAshe
  • LoL
  • イレリア
  • LoLとは
  • 紹介
  • 今週のフリーチャンピオン
  • セール
  • アッシュ
  • アニビア
  • ジャーバン4世
  • J4
  • ジャーヴァン
  • カタリナ
  • サブアカウント
  • 情報
  • 利用規約
  • マウス
  • ゲーミングマウス
  • ロジクール
  • lojicool
  • lojitech
  • ピック
  • ドラフトピック
  • Price
  • ビルド
  • カスタムアイテムセット
  • ルーン
  • 考察
  • 分析
  • 韓国
  • 競技人口
  • ジャングル
  • Vi
  • おすすめ
  • マルファイト
  • タンク
  • ニュース
  • リプレイ
  • 動画
  • カスタム
  • UI
  • LH
  • CS
  • 練習
  • コツ
  • ストーリーまとめ
  • オレリオン・ソル
  • 定石
  • EUスタイル
  • ドラゴン
  • Rammus
  • ジャングラー
  • ラムス
  • チャットルーム
  • ヴァイ
  • AdCarry
  • 寄稿
  • 試合の進め方
  • CompetitionPopulation
  • WorldChampionship
  • Korea
  • role
  • 心得
  • Rune
  • ロール
  • Lane
  • ソロキル
  • kill
  • IP
  • レーン
  • レーン戦の心得
  • CustomUI
  • 初心者
  • mid
  • おすすめチャンピオン
  • replay
  • movie
  • スレッシュ
  • Annie
  • Early
  • Thresh
  • フォーチュン
  • ケイトリン
  • EU Master Tier
  • アニー
  • アーリ
  • Beginner
  • sup
  • top
  • support
  • アリスター
  • Sonar
  • Blitz
  • サポート
  • ソナ
  • ブリッツクランク
  • アイテム
  • learn
  • bot
  • AP
  • Nautilus
  • Irrelia
  • Jungle
  • 講座
  • ADC
  • Fortune
  • Caitlin
  • item
  • Jungler
  • news
  • Story
  • Ashe